酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2011年07月28日

日本のエーゲ海・・牛窓


17日(日)


牛窓〜日本のエーゲ海〜

岡山県瀬戸内市牛窓町

瀬戸内の絶景に恵まれたこの地は
「日本のエーゲ海」と呼ばれている。
















天狗食堂で昼食

到着がちょうど昼時だったので、
ここで昼食を食べる。















牛窓ジェラート工房・コピオ

牛窓ジェラート工房 コピオ

牛窓オリーブ園に向かう山道の途中に
この店はある。

行列ができてる(◎_◎;)















やっぱダブルっしょ

いろいろと美味しそうだが、
やっぱり白桃酒は外せない(笑)
















ダブルとダブル

白桃酒としぼりたてミルク〜


















牛窓オリーブ園の展望台

さて、牛窓オリーブ園に到着













幸福の鐘

幸福の鐘

















これが幸福の鐘

これ

壮大な景色の中で
この鐘を鳴らすと、
幸福な気分になれるぅ
















牛窓ヨットハーバー

山を降りて、
今度は牛窓ヨットハーバーへ。

















ヨットハーバーのももっち

ももっちもおるで(#^.^#)
posted by すだち at 23:47| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 岡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

【猫好きの聖地】招き猫美術館

招き猫美術館01

岡山市北区・・・とはいえ、山深い中に
この招き猫美術館はある。












招き猫美術館02

福を呼ぶと言われる招き猫が
いっぱいある〜〜
(館内の展示物は撮禁なので写真なし












みなさんに福を〜

福札

願事を書いて壁に貼ることができる。
貼るスペースには所狭しと
多くの人たちの福札から貼られているのだ。















福札〜金運上昇を願う〜

すだちの福札
やはり願いは金運上昇ですかぁ〜














福札〜WIN5で億万馬券的中を願う〜

2枚目はWIN5(笑)
欲深い・・・f(^^;)

WIN5とは→日本競馬史上初の億馬券(2011/05/22)





posted by すだち at 23:13| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 岡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

ノスタルジック片上鉄道(その3)〜旧片上駅の貨物ヤード〜


片上鉄道の始点駅だった片上駅は、
平成3年の廃線ののちに取り壊されて、
多くの施設も撤去されてしまい、
跡地には商業施設ができているので、
かつての面影は薄れてきている。


すだちがかつてここに訪れたのは
廃止直前だった平成3年の3月だった。


薄い記憶をたよりに
たぶん貨物ヤードがあったであろう跡地を歩く。
現在は駐車場となっている。




その駐車場内にこんなものが残されている。


勾配線跡01

勾配線跡02
(2011/05/15撮影)

勾配線の跡。
線路はないものの敷石が残っているので、
そこにかつて鉄道が通っていたことを示す。

しかし、こんな勾配のついた場所なんかあったかな??

これは帰宅したあとで、
すだちアルバムを紐解いて
かつて撮った写真の中に答えを見つけた。















片上駅構内の貨物ヤード(1991/03/18撮影)

片上駅構内の貨物ヤード(1991/03/18撮影)


写真の左側手に
勾配線があるのが見える。
線路は黒い建物の中に入っている。

この建物の中にはカーダンパーという設備があって、
貨車ごと傾けて、積んである鉱石の
荷降ろしをする場所だったのだ。

















旧片上駅構内の貨物ヤード跡

廃線から20年。
景色は大きく変わってしまったことに
なんだか淋しい気持ちにもなり、
なんだか懐かしい気持ちにもなる。









・・・ノスタルジック片上鉄道







ノスタルジック片上鉄道01
(1991/03/18撮影)

JR和気駅のホームのとなりに
片上鉄道の和気駅のホームが存在した。
















ノスタルジック片上鉄道02
(1986/01/06撮影)

和気駅は、
4番5番ホームが片上鉄道で、
1〜3番はJR(撮影当時はまだ国鉄)だった。
















ノスタルジック片上鉄道03
(1991/03/18撮影)

片上駅舎















ノスタルジック片上鉄道04
(1991/03/18撮影)

片上駅舎。線路側から。

















ノスタルジック片上鉄道05
(1991/03/18撮影)

片上駅舎。線路側から。















ノスタルジック片上鉄道06
(1991/03/18撮影)

ワフ102。
有蓋緩急車である(ブレーキ装置のついた車両で車掌が乗っていたもの)















ノスタルジック片上鉄道07
(1991/03/18撮影)

片上駅に入線する気動車
posted by すだち at 00:39| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

ノスタルジック片上鉄道(その2)〜DD13-552〜


岡山から国道250号で片上へと向かうと、
かつて片上鉄道の始点駅であった旧片上駅のあった場所へ繋がっている。

そこにポツンと置かれた機関車が一両・・・




DD13-552(2011/05/15)01

DD13-552(2011/05/15)02


DD13-552(2011/05/15撮影)













よく残ってた・・・
保管・・というよりも野晒しではあるが、
よく残っていてくれたっ


かつて、テッちゃんだったすだちは
この車両の現役時代も見ているのだ。
















DD13-552(1986/01/06)01

現役時代のDD13-552(1986/01/06撮影。和気駅にて)


















DD13-552(2011/05/15)03

25年ぶりの再会だった・・・

posted by すだち at 23:59| 岡山 | Comment(2) | TrackBack(0) | 岡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノスタルジック片上鉄道(その1)〜片鉄ロマン街道〜


同和鉱業片上鉄道は、
岡山県和気町のJR和気駅を経由する形で
南北に伸びていて、南は備前市の片上へ、
そして北は久米郡柵原町(現・美咲町)を結ぶ鉄道路線だった。

柵原は硫化鉄鉱がたくさん採れる場所として有名で、
その規模は“東洋一”だったそうだ。

その柵原にある鉱山で産出される硫化鉄鉱を、
片上港まで輸送する目的で建設された鉄道で、
大正12年に開業。昭和8年に全線が開通した。


通勤通学の足として沿線住民にしたしまれた片鉄。

しかし、時代の流れの中で、
鉱山の閉山、地域の過疎化が進み、
平成3年に廃止された。



現在、片上鉄道の旧沿線は
“片鉄ロマン街道”としてサイクリング・ウォーキングコースとして整備されている。



コースの各所には
鉄道遺産が残されており、
鉄道ファン必見のコースとなっている。


そのほんのごく一部を紹介する。















片上鉄道の旧貨車01

片上鉄道の旧貨車02

片上鉄道の旧貨車03
(2011/05/04撮影)

和気鵜飼谷温泉近くにある貨車

















片上鉄道の旧清水駅周辺01
(2011/05/08撮影)

片鉄・旧清水駅周辺。

ロマン街道の距離票として、
鉄道標識が設置されている。
















片上鉄道の旧清水駅周辺02

旧清水駅の駅票

片鉄にはかつて乗ったことのあるすだちだが、
こんなりっぱな駅票は無かったように記憶している。
整備されてからのものだろう。
















片上鉄道の旧清水駅周辺03
posted by すだち at 23:37| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする