酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2012年01月05日

忙しすすす

4日から仕事始め。
今月は8〜9日が連休なので、
通常に比べて、レセ期間が短い。

しかし、短いからといって、
締切日は変わらないので、
とにかく忙しい。

短期決戦・・・



頑張りましょーー
posted by すだち at 23:45| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

2011年の仕事納め


いよいよ仕事納めの日。

国保の特定健診や、がん検診は
今日が最終日ってこともあって、
次々と、駆け込み受診にやってきて、
その処理だけで手一杯な状態。

例年になく忙しい仕事納めの日となった。


結局、仕事のほとんどは終わらないまま(笑)
来年に持ち越しになってしまった(-_-;)




ま、いいか〜
posted by すだち at 22:14| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

インターンシップ


インターンシップとは、
学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度。
(出典:Wikipedia)インターンシップ - Wikipedia







医療秘書科の生徒さん(19歳)が、
一週間インターンシップとしてきてて、
今日が最終日だった。


他部署では
よくある光景なのだが、
我が医事課しては初めてのことで、
どうしてあげてよいか手探り状態だった。


教えてあげられることは
それほど多くはないのだけど、
現場の雰囲気とか、
患者さんとのナマのやり取りをみて、
何か感じ取ってくれたらいいかなと。


大人の世界を垣間見て
仰天してるかもしれんが・・・^_^;









専門学校で2年間通うのだそうだが、
すだちはそういう経験が無いからなぁ。

もともと文系畑(法律学)で医療とは縁遠いところにいて、
突然に、病院で働くことになって、
急遽、ニ◯イに通って3ヶ月でつめこんで
メディカルクラークの資格を取ったんだよな(何十年前の話?

ゼロから積み上げて、
診療情報管理士・医療情報技師までたどり着いたわけであります(^O^)
posted by すだち at 21:22| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

抗生剤配合外用薬の適応疾患について

医療事務戦士のみなさん、
こんばんは〜すだちです。



さて、レセプトを作成する上で
神経を使うのが、
病名と内容との整合性ですわな。


「この病名では、この薬や治療は認めないもんねっ」
などと審査支払機関なんかが通知書を出してきやがって、
査定されてしまうのだからたまらんちんだよっ( ̄△ ̄#)










リンデロンVG軟膏



一般的な外用薬で、
副腎皮質ホルモンに抗生物質が配合されているやつ。


汎用性が高いので、
いろいろな場面で使用される塗り薬だが、
最近、査定される事例が出てきているらしい。



「二次感染の併発のない湿疹にリンデロンVG軟膏は適応外である」



つまりだ

「湿疹」という病名だけでは査定されるってことか・・・



ということは病名としては
「○○湿疹の二次感染」
とかってしないとダメっらしいのだ。



適応疾患のチェックがどんどんと厳しくなっていく中で、
こんな細かなところまで査定対象になりつつある。




しっかし、
こういう病名をつけるってことは
標準マスタから外れた病名になってしまう。
困るわん(U・x・U)ワンワン

参考)標準病名マスタとICD-10(2010/04/07)





抗生剤配合の外用薬って
添付文書の効果効能欄に「〜〜の二次感染」とかって
たしかに書いてあるし、
添付文書通りの病名にしないといかんとなると、
手間かかるなぁ・・・・と思ったりしとりますですよ・・・
posted by すだち at 23:15| 岡山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

【東日本大震災】医療機関の窓口で負担金の支払いが猶予(免除)される場合のレセプト


全国の医療事務戦士の皆さん
こんばんは、すだちです。




3月11日に発生した東日本大震災及び、
翌日に発生した長野県北部地震で、
被災をされた方が医療機関を受診した場合に
一定の条件をクリアしている方について、
病院での支払いが猶予(免除)されますわな。



こちらでは、
被災地から遠く離れていることもあって、
そういう事例がいままでなかったのだが、
先月、被災された方が受診されましてぇ。

さて、レセプトは・・・
「どうするんだっけ?」
と右往左往しながらやりましたっ。

では、レセプトをちょこっと見てみましょう。







【東日本大震災】医療機関の窓口で負担金の支払いが猶予(免除)される場合のレセプト


通常のレセプトと違う部分が
ところどころに見えますかなぁー?


ひらめき欄外上部に(災1)と記載

手書きのレセプトの場合が赤色で書くこととなってますが、
上記のレセプトは電レセを印刷したものなので白黒となっとります。



ひらめき特記事項に「96」を記載


ひらめき摘要欄の先頭に「災1」と記載





他にもちょこちょこあるのだが、
割愛しときますけど(ぇぇ



今日、こういうレセプト作ったよって備忘録ですけんf(^^;)




今回の場合、
保険証は持参されたし、
患者さんが知り合いの知り合いってことで
すんなりとできたからよかったけどね。
posted by すだち at 23:11| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする