酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2013年11月08日

まだまだ忙しい日々が続く

レセ電送終了ー。
しかしこれから介護請求が待っているるる。。
そんなこんなで明日も仕事〜。
日曜日も仕事(j o j) ウルルル


まだ12連勤の4日目だなんて・・・ヽ(°◇° )ノヽ( °◇°)ノ
posted by すだち at 22:43| 岡山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

「塩化ナトリウム」は内服薬か?外用薬か?

iphone/image-20130516224015.png

・・・外用薬ですっ(/・0・)






結論が出たのでこれで終わり・・・

・・ではありません。


こんばんは、すだちです。




院外処方箋で発行された薬・・「塩化ナトリウム」
薬価本にはちゃんと外用薬として登録されているので、
外用薬として処方していたのだが、
院外薬局から連絡が・・・




「内服で服用するものなので、内服薬として処理していいですか?」





・・・・えっ??
「塩化ナトリウム」って外用薬ぢゃなかったっけ?
いくら経口摂取するからって言っても、
外用薬を内服薬にできんでしょ?




「よその病院からはそのように(内服薬として)処方されてるところもありますよ」






・・・マジで?(!_!)





この話をメーカーのほうにしてみると、



「外用薬ですが、内服薬として処方しても査定されたという話は聞かないですね」



つまり、内服薬としての処方もできるってことかっ!!(°▽°;)



知らんかったなぁ。
医療事務生活17年目にして初めて知る事実ぢゃ(^.^)

内服扱いにするか、外用扱いにするかで、
点数計算が変わってくるからね。

ひとつ勉強になりましたぁ〜
posted by すだち at 23:04| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

書類が完成しないではないかっ


image-20130419235744.png

条例改正とかで、
今月中に出さんといかんのだが…

そんな暇ないで( ゚д゚)
posted by すだち at 23:59| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」のつぶやきをまとめておく。

全国医療事務戦士のみなさん、こんばんは。すだちです。



今日の午前中は、
経皮的シャント拡張術・血栓除去術について、
Twitterでつぶやいておりました。



備忘録として残しておく



====================



sudachie / すだち@診療情報管理士
内シャント血栓除去術については、血管を切開し目視下で血栓を除去するもの。経皮的シャント拡張術・血栓除去術については、血管にカテーテルを挿入し、シャントを拡張する又は血栓を除去するものをいう。| 青森県保険医協会 http://t.co/tid5PAdo (pdf) at 01/25 09:42
sudachie / すだち@診療情報管理士
「K616」四肢の血管拡張術・血栓除去術は、ブラッドアクセス用のシャント以外の末梢血管等を拡張した際に算定する。「K616-4」経皮的シャント拡張術・血栓除去術は、ブラッドアクセス用のシャントをPTAバルーンカテーテル等を用いて拡張した際に算定する。 at 01/25 09:47
sudachie / すだち@診療情報管理士
(問)「K616-4」経皮的シャント拡張術・血栓除去術の算定要件に、「手術に伴う画像診断及び検査の費用は算定しない。」とあるが、造影等に使用した薬剤は算定できるか。(答)算定できる。  at 01/25 09:47
sudachie / すだち@診療情報管理士
「経皮的シャント拡張術・血栓除去術(略称:PTA)」は3ヶ月という期間内での包括化。3ヶ月内に何度PTAを実施したとしても医療施設が保険請求できるのは1度だけ。2回目以降のPTAにかかった費用〈材料費等〉を患者に請求することは、混合診療になるので、患者に請求することはできない。 at 01/25 10:01
sudachie / すだち@診療情報管理士
「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」→3949(ICD-9-CM) #jhim at 01/25 11:51
posted by すだち at 23:03| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

「脳血管疾患等・運動器リハビリテーションで標準的算定日数を超えた場合で、要介護被保険者で市町村特別給付を受ける患者のみが逓減の対象になるのか?」「そのとおり」「えっっっっっ???(*○*;) 」

医療事務戦士のみなさん、こんばんは。
すだちです。

さて、今日は岡山県の病院協会が主催の
請求疑義研究会がありましたね。
参加されたみなさんはお疲れ様でした。

この中ですごく腑に落ちないものが
一点だけあって、すごくモンモンとしたので、
記事にしますっっっ(笑)










================











疾患別リハビリテーションの中でも、
「脳血管疾患等リハビリテーション」と
「運動器リハビリテーション」については、
標準的算定日数を超えた場合で、
要介護被保険者等である場合には、
逓減した点数を算定することになっている。



それで、
質問として
「その対象者とは、
要介護保険者であって市町村特別給付を受けている人のみか?」
との質問があって、
支払基金の人が「そのとおりだ」と回答。






えっ??





すだち的には
介護保険で要介護(支援)の認定を受けた人すべてが
対象だと思っていたので、この回答に衝撃を受けた。

そもそも「市町村特別給付」ってものが何かも分からない。




なんだかすごく納得のいかない答えであるのだが、
いまいち分からない部分が多すぎて、
モンモンとしながら、職場に戻ることに・・・・






================



そもそもどうしてこのような質問が出たのかを
今一度、通知文書を読み返してみると、
このような一文が・・・・







「・・、当該患者が介護保険法第62条に規定する要介護被保険者等である場合には、注4に規定する点数をそれぞれの区分に従い算定する」 (脳血管疾患等リハビリテーションの場合)









この文章の「注4に規定する点数」ってのが、逓減した点数のこと。

さて、曲者なのが「介護保険法第62条に規定する・・・」という部分。




では、その条文を見てみる。






介護保険法
第62条「市町村は、要介護被保険者又は居宅要支援被保険者(以下「要介護被保険者等」という。)に対し、前二節の保険給付のほか、条例に定めるところにより、市町村特別給付を行うことができる。」
 








なるほど、ここに市町村特別給付って言葉が出てくるのかぁ。

では、「市町村特別給付」とは何なのか??
まずはここから調べる必要がある。









これ、ネットで調べましたっっ











介護保険には「介護給付」と「予防給付」があって、
それ以外の給付外サービスっていうのは、
「横だしサービス」とか「上乗せサービス」とかってやつ。

その中の「横だしサービス」については、
市町村が条例で定めて、
別に保険給付してもよいよってのが
この「市町村特別給付」ってことのようだ。



つまり、介護保険のサービスの中には存在しないようなサービス・・・・
例えば、「配食サービス」とか「移送サービス」、
このようなサービスを市町村が独自に設定して、
介護給付と同じように9割を市町村が負担する形にするってもの。















「市町村特別給付」・・・というものが
どういうものかってのが分かったうえで、
最初の質問に戻って考えてみると、

「市町村特別給付」を受けている人のみを、
疾患別リハビリテーションを逓減する・・・なんて制度は不合理だと分かるはず。

つまり、これは法律の読み方を誤っているのだ。

もう一度、通知文書と介護保険法第62条の二つを並べてみてみる。




「・・、当該患者が介護保険法第62条に規定する要介護被保険者等である場合には、注4に規定する点数をそれぞれの区分に従い算定する」 (脳血管疾患等リハビリテーションの場合)


介護保険法
第62条「市町村は、要介護被保険者又は居宅要支援被保険者(以下「要介護被保険者等」という。)に対し、前二節の保険給付のほか、条例に定めるところにより、市町村特別給付を行うことができる。」







通知文書にある「介護保険法第62条に規定する要介護被保険者等」とは、
「要介護被保険者又は居宅要支援被保険者」という部分に係ってるだけ であって、

62条の後半部分にある「市町村特別給付」なんて規定は
疾患別リハビリとはなんら関係ないはずである。










つまり、
すだちの最初の認識のとおり、
介護保険に認定を受けてる人は原則としてすべてが対象者になるってこと。
言葉の表現からすると、要支援の人は居宅のみが対象って感じだけどね。

これが、すだちの出した結論。











異論があるならメールくれっ〜基金の人(笑)
posted by すだち at 22:50| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする