酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2017年05月08日

診療報酬の歴史

診療報酬の制度について、
以前、ツイートしたことがあったので再録しておく(備忘録的


昭和2年に健保法施行。当時は診療報酬は支払側と診療報酬側との契約によって決められていた。政管健保は内務省と日本医師会との契約による人頭割請負方式(被保険者1人につき一定の年額で定めて、月割りで払う方式)、組合健保は各健保組合と医師会との契約(人頭割方式、定額単価方式など)であった。

昭和初期に原型のようなものができたのだなぁ。




昭和18年、診療報酬について、医師会や健保連、国保などの関係者の意見を聴いて厚生大臣が決定する仕組みに改められ、診療報酬に点数単価方式が採用された。


今の仕組みに近い形が
実は戦時中に作られていたっっ。



昭和25年に中医協が発足。昭和30年代前半に中医協が空転し、医科点数表について、技術料に重点を置いた甲表と、従来の点数表を踏襲した乙表の2本立てとなり、各医療機関が自由に選択する仕組みとなる。

なんで甲表と乙表の二つに分かれてるんだぁ?
と不思議だったが、大人の事情だった('▽')

平成6年に診療報酬は一本化されて、今の形となったわけだ。
posted by すだち at 23:24| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

2016年度診療報酬改定が官報告示された。

632A7099-4C40-4A9C-9FC4-89E6D100E7BC.jpg

お菓子食べながら読んでますっ(^^;;)

2016年度の診療報酬改定が官報告示された。
大量の資料が厚労省のサイトにアップされてて、
各部署用に必要箇所を印刷する作業・・・大変(*_*)

よくよく読んでおかないと、
当初には説明のなかったようなことが、
こっそりと書き加えられたりもするので、
よーく読んでおかんといかんっっっ

しかし、何千ページもあるので、
こんなん読み切れんっっヽ(°◇° )ノヽ( °◇°)ノ
posted by すだち at 23:54| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

「短冊」投下っ

CA7CD326-83F4-45CE-9237-4C75B7C687F8.jpg

厚労省からいわゆる「短冊」が提示された。

「短冊」とは診療報酬改定のポイントを
現行と改定案を並べて書いてあるものである。


さて、じっくりと読みながら、
内容を吟味していく作業がこれから始まるぞっ〜
posted by すだち at 23:59| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

【誰か教えて】外来での維持期リハビリテーションについて

要介護認定を受けている方は、
いままで低減した点数で医療リハビリ実施してたが、
今年4月の改定で「医療ではダメ」となりそうな情勢。

要は医療ではなくて介護のリハビリにしろってな話であるが、
ことはそう簡単ではない。

例えば在宅やサ高住、住宅型有料老人ホームに住んでいる方であれば、
介護保険のサービスとして、
通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、
訪問看護ステーションによるセラピスト訪問
・・・がある。

問題なのは、
介護付有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)や特養、
グループホームに入所されている方たち。

すでに介護保険サービスを使っているので、
別に通リハや訪リハを組み込めんよなぁ?

特定施設入居者生活介護や特養であれば、
機能訓練員が配置されているので、
彼らが維持期リハを担当しろってことになるのか。
しかし機能訓練員は必ずしも
OTやPTといったリハの専門家でないケースも多いわけで。

グループホームに至っては機能訓練員すらいないし、
いったい誰が維持期リハをするのか?
posted by すだち at 18:49| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

医事職員の憂い

医療機関の事務職は、
医師事務作業補助者や診療情報管理士以外では、
診療報酬上の評価がないため、
雇用人数を絞る傾向があったりする。


なので、事務部門(特に医事課)はどこも人材不足・・・
特に競争力の低い民間の中小病院では顕著だ(j oj)
そんな中で人材育成・・と言われてもできんっっ


しかしだっ


これからの現場は、地域連携や地域包括ケアシステムなど進むなかで、
たんにレセプト請求ができるってだけじゃなくて、
データ分析ができて、医療にも介護にも精通してる人材・・
そんなゼネラリストが求められる時代になるはず。



ここ最近の診療報酬改定では、
チーム医療や地域連携などに手厚い点数がついている。
そういった点数が算定できるかどうかが、
病院の経営には大きな意味を持つものとなっている。



だからこそ、
そういった点数をしっかりと算定していくためには、
全体を統括できて、外部との調整もできる管理職が必要ではないかと。






自分の持ち場の仕事だけやっていればいいとか、
自分の分野のことだけを知っていればいいでは、
これから先は生き残れない。
posted by すだち at 19:59| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場>医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする