酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2020年07月26日

「夜の街」と「新型コロナウイルス」

新型コロナウイルスの感染者数が日々報道されていて、
どんどん増える状況に、世の中では不安が増大している。

感染経路については多くの場合、「夜の街」での感染が
取り沙汰されているが・・・・・

感染した人は、「夜の街に行ったのではないか?」だとか、
誹謗中傷を受ける事態に。



そもそもなぜ「夜の街」なのか?
「昼の街」だったら感染しない?

なんだか話がおかしくないか。



さて・・・
かつて、こんなことを書いたことがある。




===↓ここから2009年の記事の抜粋↓===



「なんで高校生ばかりが感染しているの?」

これは報道によると、
渡航歴のない高校生がインフルエンザA型になって、
通常であれば、季節性のインフルエンザってことで、
処理されてしまうところだったし、
診断した医師もそう判断していたようで。

ただ、診察をした診療所が
国立感染症研究所のインフルエンザ発生件数を報告する
協力医療機関だったってことで、
香港型かソ連型かの分類をするために
たまたま遺伝子検査を行ったところ、
なんと新型だったと・・・・

つまり、高校生に“新型”が発覚したのは偶然の産物で、
もし、ほかの医療機関を受診していたら、
“新型”であること自体、分からないままになっていた可能性は高い。
ヽ(・_・;)ノ
そんなわけで
この高校生の周りの人たちで
症状の出ている人たちを検査してみたら、
出るわ出るわ・・・新型だらけやん〜ってことになったわけ。

高校生だから感染して、
他の人には感染しないってわけではなくて、
たまたまってだけなのだ。

つまり、感染者ってのは検査をした人の中での実数ってだけで、
検査をしていない感染者は何百人という単位で、
すでに日本中にいてもなんら不思議ではないということだ。


一部では、神戸や大阪に行ってた人は隔離〜
なんてことを言う人もいるけど、
たまたま見つかったのが神戸と大阪ってだけの話。

すでに全国に広まっている可能性も否定はできないのだよ。


===↑ここまで2009年の記事の抜粋↑===




以上は、2009/5/17に書いたもので、
当時、「新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)」が流行し始めたときのもの。






話を新型コロナウイルスに戻すが、
要は、検査するかしないかの判断をするときに、
「そういえば、一週間前に夜の街の行ったかな」というような申告があれば、
感染疑いとして検査して、ほらやっぱり陽性だったぢゃん〜と。

となると、無作為検査がもっと増えてくると、
「夜の街」なんてたぶん関係なく感染者はいるのでは・・・。



そもそも、人間の体内にはさまざまな常在菌が存在しているし、
さまざまなウイルスもいる。

PCR検査で陽性になったとしても、
たまたま付着していただけで、
「感染」までは言えないはずでも、
「検査で陽性=感染」とすれば、
人数が増大すること自体、当然っちゃ当然。




例えばインフルエンザの対策をするために
「感染者の実数が必要」などとは研究者でも言わない。

ところが、「新型コロナウイルス」の話になると
途端に「感染者の実数が必要だ。検査を増やせ」と言い出す。

陽性者の数だけ見ていても、そもそも何も分からない。
だって、全数検査でもないし、検査する基準は各地でまちまち。
つまり、恣意的に操作できるということ。
上記のように「夜の街」に行った人だけを検査していけば、
「夜の街」が感染源としかならないので、
結果が分かって検査しているのも同じなのだ。

本当に必要なデータは
重症者の数とか、
後遺障害が残っている人の数とかだと思うが、
マスコミは陽性者数ばかりセンセーショナルに報じて
不安を煽るだけだったりする。
posted by すだち at 12:52| 岡山 🌁| Comment(0) | 医療関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: