酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2019年12月31日

2019年年末のご挨拶【診療情報管理士として】

診療情報管理士のみなさん
いかがお過ごしでしょうか?

令和という新時代を迎えて、
診療情報管理士の業務も更なる変容を遂げようとしとります。

同じ診療情報管理士であっても、
病院の規模や地域の違い、組織の違いなど、
さまざまな要因もあって、
いろいろと業務も多様性を見せている昨今でありますがぁ。

診療情報管理士としてどうあるべきか・・・



今年のTwitterで書いたことをちょいと抜粋すると、、

病院に1人しかいない診療情報管理士が、どうやってスキルアップするかは悩ましい問題。例えば地域ミーティングや、地域の研究会なんかに積極的に参加できるならまだいいほうで、1人だから休めないとか、日曜開催だともはや休みがなくなってしまうなんてことにも… 
posted at 12:54:08 10/18


国の施策として、
日本の病院の全貌を知ろうとすれば、
やはり中小病院の病院の情報が必要。
だからこそ中小病院にも診療情報管理士の配置が
進んでいかなれけばならないと考えているが、
なかなかそうはいかないのが現状だし、
いても一人管理士・・・

一人だと最新情報をキャッチするのも大変だし、
病院外に出ていく時間も取りにくいというネックがある。






今後の診療情報管理士のあり方。病院をトータルで考えることのできるゼネラリスト。がん登録とか特定の分野のスペシャリスト。データ分析して世の中の医療の世界を見るアナリスト。HIMの活動を世間に知らせるエバンジェリスト。そんな風に分化していくイメージ。
posted at 09:23:04 10/20


診療情報管理の世界をより発展的に変えていき、ひいては医療界の発展に貢献し、結果として人々の生活に役に立つ……というのが診療情報管理士としての壮大な目標。
posted at 09:24:40 10/20




かなりザックリと書いてるので抽象的ではあるが、
方向性としてはこんな感じでいけたらいいなと。
となるともう少し数が欲しいよなー。
しかし、少子化の時代になると、そうもいかん。
だからAIの登場・・・というところに繋がっていくし、
グローバル化の流れになると、「国際診療情報管理士」というものに意味が出てくる。

「国際診療情報管理士」の話をすると、
あまりに壮大すぎて、今の仕事からあまりにもかけ離れていて
現実感がないのか、だいたいみんな鼻で笑っている(笑)

・・・しかし、知らず知らずのうちに、
その流れが動いていくことを我々はちゃんと知っておかないと、
気が付いたら、時代に取り残されたーー/(^o^)\
に成りかねないのではないか?


そんなこんなで令和の時代のHIMは、
大きく変わる・・・とだけ予言しつつ、
また来年も頑張りましょーーーってことで。
posted by すだち at 16:51| 岡山 ☀| Comment(0) | 診療情報管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: