酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2017年01月16日

第87回診療情報管理士生涯教育研修会・徳島

BBE3F5A2-A6E3-4F89-846F-40CB9F1660D5.jpg

14日(土)に徳島にて
診療情報管理士生涯教育研修会があったので参加した

昨年の6月にあった第82回・広島にも参加したのだが、
実はプログラムが一緒で同じ題材での研修会だった。

広島のときの記事を探すも見当たらないので、
たぶん記事にしてなかったようだ・・・スマソ(;^ω^A

そちらも含めてトータルで書いておくことにする。
今回の徳島・・・寒波襲来ということで、
めっちゃ寒かったが、
雪が降らなかったのが幸いであった。


=============


「論文の書き方」

論文を書く上での基本中の基本の部分なので、
この話は何度聞いても勉強になるもの。

最大のポイントは、
起承転結が明らかで一貫したものにすること。

これは私の恩師も何度も言ってきたことなので、
体に染みついてる・・・とは思うが、
今一度、頭に叩きこんでおこうと。

あと、酢語録内での参考記事を


「論文を書こうと思うのだけど書き方が分からないので、これはっていうハウツー本はありませんか?」(2015/08/31)

論文を書くための基本が学べる良書である。



診療情報管理士が学会発表の抄録を作る上で踏まえておきたいこと(2015/04/16)

抄録の作り方について書いた記事だが、
基本的には論文も同じことなので。




講演I
「やさしい医療知識−診療情報管理士が知っておきたい薬剤の知識−」


薬剤師の先生による薬の話。
薬がどういうものかって知識は、
診療情報管理士としてもしっかりと学んでおく必要がある。

いくつか個人的に気になったポイントを〜

〇同一の薬でも剤形によって体内動態が異なる場合がある
〇医薬品は誰にとっても医薬品になるのではない
 →効き方、副作用も人によって違う
〇添付文書に頻回・定期的に検査を行うように記載があるものに注意
 →やっていなければ適切な処方とは言えないので、
  健康被害が出たときの救済制度が適用されない
〇2019年頃をめどに添付文書の様式が改定される
〇薬剤師の行動哲学がpharmaceutical care(ファーマシューティカルケア)
 →QOLの改善・・疾病の治癒、症状の軽減、病気の進行抑制など
 →QOLの改善を実現するための治療計画、医薬品情報の提供、カウンセリング
 →それらの結果として患者の「よりよい生活」を実現
 →患者の利益へ
〇患者に交付された薬品は薬事法上の医薬品ではなくなる
 →品質保証ができないため
 →持参薬の存在を法は想定していない
〇持参薬の定義
 「広義の持参薬」患者が薬と考えて入院時に持参した物(OTCやサプリメントも含める)
 「狭義の持参薬」医療機関で処方あるいは調剤された医薬品
 →持参薬を「広義」で考えた場合にどのように管理するのか?
〇医師の処方が、薬剤師の疑義照会で変更される場合がある
 →疑義照会の記録の重要性
〇改正薬剤法により、薬剤師に指導義務
 →指導記録の質の担保は?
〇処方情報(診療部)、調剤情報(薬剤部)、服薬情報(看護部)
 →各部門の情報の一元管理はできるか?
〇薬剤師と診療情報管理士がタッグを組むことでできること
 →「薬剤師×診療情報管理士」連携の時代へ



講演II
「臨床評価指標の課題と診療情報管理士への期待」


医療の質向上を目指すための臨床評価指標。
医療の質をどうやって可視化するか・・・という難題と、
どのように医療の質改善へと繋げていくか・・という壮大な話。

〇プロセス改善のを目的としたプロセス指標
 →他施設間比較や経年比較が可能
〇アウトカム指標は単純なロジックで出せない
 →他施設間比較が難しい
〇他施設間比較の難しさ
 →同じ指標でもロジックが違うと比較が困難
 →他施設間で比較するなら同じ母集団を抽出しているかがポイント
〇全体からランダムに患者を抽出してサンプリング調査
 →サンプリングされたものの改善ではなく全体の改善を考える
〇個々の医療スタッフの努力に依存していては改善は継続しない
〇経営者と現場ではデータの見方が違うことを考慮すること



シンポジウム
「診療情報管理士の果たすべき役割と責任」


実務者の立場からの話。

〇ドクターは感情論ではなくデータで示せば、ドクター自身がPDCAを回しだす。
〇HIMはジェネラリストの側面とスペシャリストの側面がある。
 →病院全体を見据える組織マネジメントの向上へ
〇地域の中での病院の立ち位置を示すことも大切
 →地域の人口推計からみた将来予測の提示




===============



取り留めなく、思いつきで書いた(笑)
おおよそこんな感じだったよってことで。


・・・昼は、食事する場所が見つからずに
食糧難民と化してたり(結果的にはラーメン屋を発見っ

夜は謎のレストランで打ち上げ(謎

そんなこんなであった。 
posted by すだち at 22:55| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療情報管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445986931

この記事へのトラックバック