酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2016年03月15日

Functional Dyspepsia

「胃の調子が悪い」「なんだか胃がもたれる」「胃が痛い」
こんな症状を訴える人って多い。


もしかしたら胃潰瘍?
まさか・・・胃癌??


きゃー怖い\(〇_o)/

・・・と思って病院に行って、
バリウム飲んだり、胃カメラなど検査をしてみたけど、
結局、症状の原因になりそうなものは発見されず・・・

「まぁ、ストレスでしょう」とか、
「神経性胃炎でしょうなぁ」とか、

なんだか分かったような分からないような説明をされる。
そして、

「ストレスを溜めないようにしましょう」

・・・などという、
現代社会で生きる人には到底無理だろっo(>< )o o( ><)o
みたいなアドバイスを受けて終了。

どうすりゃいいの??(j oj)





こんな経験をされた方、多いのでは?
私もそんな一人ですが・・・(^^*ゞ


病名としては先にあげたような
神経性胃炎と言われたり、
慢性胃炎とか胃けいれんとか胃下垂とかってついたりするが、
明確に検査でハッキリと分かるわけではなくて、
症状など臨床的に判断して、
医者がテキトーに病名をつける(ぉ



最近では、以上のような胃部の不快な症状があるにも関わらず、
検査をしても原因になりそうな病変が見つからないとき、
機能性胃腸症とか機能性ディスペプシアと呼んだりする。


機能性ディスペプシアは
英語表記はFunctional Dyspepsiaなので「FD」と略す。

特徴的なのは、
30代から50代の比較的若い人から中年に多い、
男性よりも女性に多い、
発展途上国よりも先進国に多い
と言われている。

近年の調査では、
日本人の4人に1人がFDと言われるほどで
現代病の一つってことになるかなぁ。

そもそもFDという病気の概念は、
ごく最近になって確立されたもの。



以前は心身症の一種とされて、
「気の持ちよう」とか「神経質だから」で片づけられていたものが、
最近の研究では、胃に対する刺激を
脳が過敏に感じているものとして、
脳内の神経伝達物質がなんらかの影響を及ぼしているのでは??
・・・みたいなことが言われている。





ところで「ディスペプシア」って何かというと、
胃痛や胃もたれ、吐き気などの
消化機能が低下しているように感じる症状の総称。

では、「機能性」ってのは・・・



「体調が悪い」とか「〇〇が痛い」といった場合に、
それを疾患として大きなくくりで分けると、
“器質的疾患”と“機能的疾患”に大別することができる。

器質的疾患とは、
生体組織自体に異常が生じた疾病の総称で、
例えばレントゲンやCTとかなどで、
明らかに病態が確認できるものを言う。

機能的疾患とは、
生体組織に異常が見当たらないが、
臓器や器官などの動きが低下したり、
なんらかの症状が生じるものを言う。











以前、ここで紹介したPrecordial Catch syndrome(前胸部キャッチ症候群)も
機能的疾患の一つ

Precordial Catch syndrome(2015/04/27)








機能的疾患は、
命に関わるような病気ではないことから、
いままであまり注目されていなくて、
研究自体も進んでいない分野であったが、
症状のせいで社会生活に支障を来たす場合もある。

最近ようやくちょっとずつ、
これらの病気も解明への道が見えつつある。
posted by すだち at 23:59| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック