酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2015年04月21日

データに騙される人たち

みなさん、「統計学」って聞くとどう思いますかな?

なーんか難しい世界の話ぢゃ〜とか、
数字見ただけでジンマシンがががが〜

・・・なんて人も多いですわな。

でも、それなのになぜだか日本人は統計が好き(^∇^) アハハ!

ニュースを見てても、
「内閣支持率は何%」とか、
「国民の年収が何%上がった」とか、

結構そんなデータを見て、
一喜一憂してみたり。

でもでも、そのデータの意味分かってるの?
・・・って聞いてみたい。

そんなわけで、今日は「%」を使ったデータを見たときに、
陥りやすい罠について語りますでーー(・ε・)ノ おっー!


=================


よくCMとか広告とかで、
「お客様満足度90%達成っっ!!」
なんての見るでしょ。

見てる人たちの多くは
「ぉぉ、お客さんの9割は満足してるんだ」
と思ってみたり。

・・・でも、本当にお客さんの9割が満足してるのか?
90%という数字が何に対しての90%なのか?
つまり、分母は何か・・・ってことに誰も意識していないことが問題なのだ。



アンケート調査の結果だったとして、
でも回収率が30%だったらどうでしょうか。

回答者数の90%が満足と言ってるだけで、
すべてのお客さんの90%ではない(*○*;) ギョッ





さらにアンケートにはこんなトリックもあったりする。
選択肢を

「満足」「やや満足」「やや不満」「不満」

という四択だとすると、
満足でも不満でもない人って、だいたいの人が「やや満足」を選択する傾向があるのだ

だって不満があるわけじゃないし、満足してるわけでもないけど、
こういう選択肢しかなかったら「やや満足」にしちゃおーっと・・・。
そんな人が多いんよ。これ、日本人の特徴だったり(;^ω^A

でも、統計を取るときには
「満足」「やや満足」の両方を「満足した人」としてカウントするとどうだっ。

これだと、90%の人が満足してるーーって言っても、
その中の多くが実は「満足でも不満足でもない人」が含まれてたりするわけだ。







そんなこんなの事情を知ったうえで改めて、

「お客様満足度90%達成っっ!!」ってCMを見て、

あなたは何を感じるでしょうか?(^▽^) ハッハッハ
posted by すだち at 20:08| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック