酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2010年02月12日

診療報酬点数決定のプロセス

診療情報管理士を目指しているみなさん、
こんばんは、すだちです。

今日は中医協から
「診療報酬改定」の答申が出されて、
全国の医療事務戦士たちや
病院経営者たちがそれを見て
頭から煙を出しているところです。


診療報酬改定の詳細については
あとで「医療事務」のカテゴリで記事にしますが、
ここでは診療情報管理士の試験に出るかもしれない部分で
「診療報酬点数決定のプロセス」について書いときます。

前にも書いたがおさらいですな。












診療報酬の点数は2年に一回、改定されることになっている。


まず厚生労働大臣が中央社会保険医療協議会(中医協)へ諮問

諮問(しもん)とは、有識者なんかが集まる機関に意見を求めることで、
ようするに厚生労働大臣が「どうしたらええか考えてくれよっ( ̄△ ̄#) ウラー」
と指示して、考えくれる人たちが中医協の人たちってことになる。




中医協の事務局は厚生労働省保険局医療課に置かれている。



中医協の構成メンバーは
健康保険、船員保険及び国民健康保険の保険者並びに被保険者、
事業主及び船舶所有者を代表する委員、
医師、歯科医師及び薬剤師を代表する委員、
公益を代表する委員。



この協議会は
一般的な審議会とはちょっと趣向が違っていて、
直接的に利害関係を構成する人たちが一同に集まって、
中立の立場にある公益委員が間に入って、
三者による構成となってる。



ここで療養担当規則、診療報酬額・算定方法、薬価基準の算定方法、
治療指針・使用基準などを協議して、
その審議した結果を厚生労働大臣に答申。



それで長妻さんが「OKよん〜」と言えば改定が確定するわけだ。


ちょうどタイムリーな話題でもあるので、
書いてみましただ。


posted by すだち at 20:54| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療情報管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック