酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2006年02月19日

【診療情報管理士】進級・卒業試験

今日は全国各地で
診療情報管理士の進級試験、卒業試験が行われた。

試験を受けられた皆様・・お疲れ様でした。

出来た人もそうでなかった人も、
今日は勉強のことは忘れてゆっくりと寝ましょう。
これからスクーリングのある皆様は、
またまた大変な3日間がありますが、
頑張ってください。

さて・・

すだちは卒業試験に参戦。
初めての卒業試験・・・これで最後にしたいとこです。
自分なりには出来たのかな・・
と、手ごたえは感じてますが、
結果はフタを開けてみないと分かりませんから。
ドキドキ〜



問題自体はそれほど難しいというほどでもなく、
○×問題も多かったですが、
病院事務系の仕事をされている方なら、
さほど苦にはならない程度のレベルだったかと。
「医療情報学」のところでちょっとウッ・・
ってな感じでしたが(どんな感じだよ?

1章問題を解くごとに
6割できたかどうかを計算しつつ・・・

意外と時間ギリギリくらいまでかかったかな。
進級試験のときはかなり時間が余ったものだったが・・。


問題なのは「演習」のほうで、
これは多くの先輩諸氏が言われてるように
時間との闘いです。

手の動きを止めたら、
それがタイムロスになるって感じ。
時間配分を間違えると大変なことになるので、
「時計」は必需品です。

実をいうと進級試験のとき、
時計を忘れて・・・だって日頃は携帯が時計代わりだから。
進級試験は時間ってあんまり関係なかったからよかったものの、
この「演習」で時計がなかったらそりゃ致命的。
試験会場に時計があるとこならいいけど。
今日は時計を用意しておいてよかった〜

T〜Vをそれぞれ30分を目安にして
出来る問題から解いていくのが肝要。
前半で時間を使いすぎると、
サマリー問題で・・息絶えてしまいますから(苦笑

最初の30分で、Tを終える予定だったのが
まだ半分しか出来てなかったり(滝汗
かなり焦りますたぞ・・・

ちょっとでも分からなかったら
すぐに次の問題へ気持ちを切り替える潔さが必要ですな。



とりあえず、結果が出るまでの間は
ゆっくりマターリしたいです・・・
posted by すだち at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 診療情報管理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すだちさん
お疲れ様でした。
お忙しい中、私に励ましのコメントをいただき、
とても嬉しかったです!

すだちさんのお話をうかがっていると
演習は、やはり厳しいようで・・・。
私にできるか心配です。

とりあえず目標は来週のスクーリングです。
これからもよきアドバイザーでいてくださいね。

また遊びにきます!

Posted by チョコ at 2006年02月19日 23:04
チョコさん、お疲れ様でした。
これからスクーリングですよね。
頑張ってくださいね。

「演習」はですねぇ、
ビックリするほど難しい問題が出るってわけじゃないです。

とにかくコーディングの練習をどんどんしたほうがいいですね。
すんなり引けるようになっていれば、
心配は無用ですよ。

サマリー問題も
病名とか処置・検査は記号で選ぶようになってるし、
リポートよりもかなり楽です。
Posted by すだち@管理人 at 2006年02月19日 23:14
卒業試験、お疲れ様でした〜♪
やっと福岡から帰ってきました。

卒試はやっぱり『演習』が大変そうですね。
かなり不安です。

一緒に行った後輩(64期生)も卒試でしたが
すだちさんと違って、ま〜ったく勉強していない
ノーテンキな子ですが。。。
恐ろしくできなかったらしく…

「12科目全部落ちる人いますよねぇ!」なんて
とんでもないコトを言ってました(笑)
Posted by よしの at 2006年02月19日 23:43
よしのさん、お疲れ様でした。
長旅もご苦労様で。

「演習」はね、
回りの人たちの牽引表をペラペラと
引く音が余計に焦燥感を増幅させるんですよ。
みんなスゲーよ・・・って思ってしまいます。
でも、自分のペースで出来れば大丈夫です。
コーディングは
覚えるよりも慣れることが大切ですから。

後輩さんは・・・あら?
大丈夫なんでしょか・・・??
まぁ○×問題なんて
分かんなくてテキトーにしても
当たる確率は5割ですからね。
運がよければ6割正答もアリかも(笑)

だから・・・12科目全部落ちるほうが難しいのではないでしょか?
(  ̄ー ̄)*キラン
Posted by すだち@管理人 at 2006年02月19日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック