酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2020年10月31日

Twitterのつぶやきがもたらすもの



今年の8月30日に、Twitterから
「ご登録いただいてから今日でちょうど11年です」と連絡がww

11年もつぶやいていたのかっ( ゚Д゚)



単なるつぶやきだが、
そこからさまざまな出会いがあった。
人生の中で、大きな影響を受けることになる・・・

本来なら会うことのない人たち。
地理的に、あるいは年代的に。
そんな垣根を取っ払ったがTwitterというツールだった。

いろいろフォローしていくと、
同じ考えの人たち、同じ仕事をしている人たち・・と、
なんらかの「同じ」が繋がっていく。

それはそれで重要なのだが、
ずっとやってると、なんだか偏った世界になっているような気がしてきた。

タイムラインが「同じ」世界ばかりになると、
それが全体の意見に思えてしまう。

それって怖いことで、
違う世界から見ると別の見方もあるんじゃないかと。

そう思って、なるべく偏らないように、
手広くフォローしていると、
ほんと、様々な意見に出会う。


ずっと前にこんなつぶやきをした人がいてリツイートしたことがある。

「ツイッターをはじめたことで得たことは、
人の意見は多種多様であり、自分の考えと違うからといって、
いちいち腹を立てたり落ち込んだりする必要はない、ということが理解できたことだと思う」




「自分の考えと違う」=異質なもの
そう考えてしまって、それを排除してしまうと、
もうそれ以上、世界は広がっていかないのではなかろうか。


最近は、誹謗中傷や炎上だとか、
なんだかTwitterが悪のように思われている節があるが、
Twitterはあくまでツールでしかないわけで、
それとどう付き合うかは、人間次第。

うまく使えば、世界は限りなく無限に広がる可能性がある。
今の私があるのは、Twitterのおかげでもあるので。
posted by すだち at 18:43| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする