酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2017年07月17日

「バファリンを飲んでいます」とは何を飲んでいるのか?

「日頃、何の薬を飲んでいますか?」


病院や調剤薬局でよく質問される。
どんな薬を飲んでいるかという情報は、
治療をする上で重要な情報となる。



「バファリンを飲んでます」




そう答えたとして、
それで服薬歴として「バファリン」と書いておくことは
果たして妥当といえるのか???

医療機関で処方された「バファリン」であれば、
それはバファリン配合錠A330か、バファリン配合錠A80のどちらかで、
どちらもアスピリン製剤である。


ところが市販薬の「バファリン」となると
事はとたんに複雑になる。

「バファリンA」であれば、主成分は
アセチルサリチル酸なのでアスピリン製剤だ。

「バファリンプレミアム」となると、
イブプロフェンとアセトアミノフェンの合剤。

「バファリンEX」では
ロキソプロフェンナトリウム・・ロキソニンと同じ成分。

同じEXでも「バファリンかぜEX」では
風邪の諸症状を抑える成分にプラスしてイブプロフェンが入っている。




その他にも種類があるが、
患者にとって「バファリン」は「バファリン」でしかなく、
それが「EX」なのか「プレミアム」なのか、
そんな区別まで覚えてないのがほとんどだ。





セルフメディケーションの時代。
つまり、自分自身の健康に責任をもち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること・・・
それが時代の要請でもある。

しかし、あまりにも複雑で、医療従事者でも
混乱するような先発品だの後発品だの一般名処方など・・
複雑怪奇な医薬品の名前に翻弄されているというのに、
これに市販薬のテキトーなネーミングまで混じると
いよいよ訳が分からなくなる。

嫌がらせではないのか・・と思いたくなるほどだ。
posted by すだち at 16:50| 岡山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする