酢語録BLOGの人気カテゴリ→診療情報管理士 医療事務 酒びたり

2017年04月02日

新年度スタート…平成29年度

E27F23CE-4507-40E8-9DAE-108296D1D2A9.jpg

とうとう4月がスタート。

異動の季節で、
昇進したり転勤したり…
いろいろお聞きしとりますが、
私は、残留〜(・Д・)

引き続き、今の仕事継続。

インフルエンザの流行は下火になってきて、
花粉症の患者が増える季節。

さぁ、今年度はどんなことが待ち受けているのか。
(ノ ̄▽ ̄)
posted by すだち at 16:51| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

年度末のご挨拶・・平成28年度

3月31日(金)
年度末に仕事休み(^-^)v

今年も迎えた年度末の大晦日っ(笑)


この一年を考えると、
いぁ〜いろんなことあったなぁ〜。
とても飛躍した一年だったかと。



酢語録BLOGとしては、
日々更新体制から、
不定期更新にしての一年でもあった。

【おしらせ】日刊から不定期更新へ変更します。(2016/03/27)

更新する作業が無くなった分、
別の場所でいろいろと書いたり喋ったりと
させてもらったのもよい経験であった。

不定期更新になったにも関わらず、
それでも読みに来てくれる人たちはいるし、
「ブログいつも楽しみにしてます」
という言葉をいつもいただき感謝いっぱい(゜゜)(。。)







さて、一年の目標というのを個人的にいろいろ立てて、
ほぼ達成できてることでよかったよかった。

ただ、一つ大仕事をやり残しているので、
これは早急にやらんといかんのだが(^^;;)

なので来期が
一つの分岐点になるかもしれんっっ( ̄(エ) ̄)ノ よー

いよいよプロジェクトの最終章(謎


posted by すだち at 23:46| 岡山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

「教養バカ」

CC7ED20E-D18F-49D1-A403-7AEA403D21E4.jpg

教養がある人と話をすると、
おもしろい話がいっぱい聞けるし面白い。

だから教養って大切だよね〜。

その一方で、
知識はあるけど、面白くない人・・というのも少なからず存在する。


結局のところ、知識があっても、
人に“分かりやすく”伝える能力が無ければダメってな話。


この本は、
人に伝えることの技術論を中心に構成されていて、
日常会話なんかでも大切なことだけど、
特にプレゼンをする上でも有用な内容。

言葉として相手に伝えるのだけど、
言葉はあくまで記号でしかない。
その言葉によって、
相手の頭の中にいかにして映像を作らせるか。
言葉が映像に変換されると、
イメージとして認識できるので、
理解がより明確になる。

そのためには
どうすれば相手に理解してもらえるか。



この本を読んで、
ふと頭に浮かんだのが『プレバト!!』(TBS系)という番組。、
特に人気なのが俳句のコーナー。
夏井先生の批評が痛快で楽しいのだが、
特に印象深いのは、
<俳句という短い言葉から
いかに映像をイメージさせることができるか>
ということ。これこそが夏井先生のメッセージでもあり、
まさに人に伝える技術の本質なのだと。




さて、本の内容に戻るが、
著者はこんなことを言ってる。
「語彙力こそが分かりやすさ」であり、
いろいろな分野のことを知っておいて損は無いし、
「文理融合」がおススメと。

「文系」と「理系」とに分けられているが、
本当の教養人とはバランス感覚にすぐれている人であり、
「私は文系だから」などと思い込んで、
違う分野の知識を入れることを拒むことこそ、
教養バカの始まりなのだと。

また、「わかりやすさに騙されるな」として、
平均値と中央値の違いで起きる誤解など、
統計学の導入部にあたる話もあって面白い。

最近話題のアクティブ・ラーニングについても書かれている。
日本のグローバル化に重要な役割を果たすであろうネタだが、
それを教える側がしっかりと理解しておかないと、
うまくいかないことでもある。




いろいろと気づきを与えてくれる本は良書。
最近、いろんな本を読んでいるが、
人に薦めたいと思う本はなかなかないもので。

これは良書。一気に読めた。










【参考記事】

情報を疑え。真実を見抜け。そのための努力を惜しむな。(2015/04/10)

「あらゆることを疑い、あらゆる情報の真偽を自分の目で確認してみること」
・・とは、情報過多の時代である今こそ必要なこと。
情報を取捨選択する技能を養いたい。





診療情報管理士の立ち位置とは?(2015/06/02)

医療機関はスペシャリストの集まりで、
ほとんどが理系の人たち。
その中で文系・理系の垣根を超えて、
病院を俯瞰的にみることができるのが診療情報管理士で、
医療機関の管理・運営を行うに適した人材ではないだろうか・・・
・・・という、願望が色濃く出た記事(笑)
posted by すだち at 13:31| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

天寶一「テンポウイチ」

3634486A-1BE3-4EA1-AA61-827445CD5979.jpg

天寶一「テンポウイチ」

広島県福山市神辺の酒。

独特の味わいで香りがいい。
しっかりした味でいい感じの辛口。
posted by すだち at 23:59| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒びたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする